銀座かずや 最高級宇治茶・最高級玉露

HOME > 最高級宇治抹茶「極練」・最高級玉露「珠の雫」

銀座かずや 最高級宇治抹茶「極練」(ごくれん)
銀座かずや 最高級玉露「珠の雫」(たまのしずく)
名称 銀座かずや 最高級宇治抹茶「極練」(ごくれん)
銀座かずや 最高級宇治玉露「珠の雫」(たまのしずく)

※ご注文日の翌日出荷が可能です。
(お急ぎの場合は、ご注文フォームにご希望の配達日時をご入力ください。)

内容量

抹茶「極練」(ごくれん)20g /缶入り
玉露「珠の雫」(たまのしずく)30g /缶入り

五大アレルゲン なし
特徴 銀座かずやがお届けする「抹茶」と「玉露」が出来上がりました。2016年の伊勢志摩サミットにて採用された各国首脳に出されたお茶の生産者さんと、宇治茶師唯一の全国茶審査技術十段の茶師の匠と供に開発しました。香り、うまみ、甘み、どれをとってもご満足いただける美味しさに仕上がっております。

農林水産大臣賞受賞歴を持つ宇治茶の最高級産地・京田辺市産の農家さんが大切に育てた最高品質の茶葉だけを使用。2017年7月に行われた「京都府茶品評会」では、去年に引き続き 同農家さんの出品茶が玉露部門1位(農林水産大臣賞)~6位までを独占。

◆ 銀座かずや 最高級宇治抹茶「極 練」(ごくれん)
抹茶の香り豊かなほのかな苦み、繊細な甘み、深い味わいをご堪能ください。
濃茶、薄茶どちらでもお楽しみいただけます。

◆ 銀座かずや 最高級宇治玉露「珠の雫」(たまのしずく)
低い温度で時間をかけてゆっくりといれてください。舌の上で珠の雫(たまのしずく) を転がすようにして味わってみてください。最高峰の茶葉のうまみをご堪能いただけます。

※お抹茶「極練」のお茶菓子には、銀座かずやの「黒煉り丹波」をどうぞ。
漆黒の煉り羊羹「黒煉り丹波」
美味しいお茶の入れ方

<お水について>
お茶はお水を沸かして使用しますが、良いお茶はカルキなどの香りが移りやすいのでできればミネラルウォーターをご使用される事をおすすめ致します。より美味しく飲んで頂くポイントになります。日本の軟水のミネラルウォーターがおすすめです。理由は畑のある地域が軟水ですので、軟水で育った茶葉には軟水が溶けやすいです。水道水、硬水は味が変わってしまうのですので、出来ればお水にもこだわってみて下さい。

<抹茶の飲み方について>
茶道の時も抹茶を使用するときにダマになりにくいように茶漉し(ふるい)で抹茶を一度漉してから使用される方がダマになりにくいです。少し濃いめが抹茶の味が引き立ちとても美味しいです。抹茶はお濃茶でもお薄でもどちらでもご使用いただける高品質の抹茶です。

<玉露の飲み方について>
玉露は夏場は水出しがおすすめです。 冬場は50~60℃のお湯出しがおすすめです。玉露を淹れるときの急須は、やや小ぶりの急須が適しています。茶葉8~10gを急須に入れ、茶葉が浸る程度のお湯を注いでださい。2~3分程蒸らして、2煎目以降もおいしく飲むために、最後の一滴まで絞りきってください。茶碗に少量ですが、舌の上に珠の雫 (たまのしずく) を転がすようにして味わってみてください。最高峰の茶葉のうまみと甘味をご堪能いただけます。

保存方法 冷蔵庫で保存することをおすすめします。但し、冷蔵庫から出し、常温になるまでは封を開けないでください。ここがポイントです。常温になってから、蓋をあけ、お茶を入れてください。開封後は、なるべく空気に触れないように密閉し、2週間以内に飲みきるのが好ましいです。 高級なものは大切に取っておきたくなりますが、極上の味やうま味が出るうちに味わうのが良いでしょう。
高級宇治茶
販売価格
◆ 最高級宇治抹茶「極練」 20g 2,760円 (2,980円 税込) 送料別
買い物かごに入れる

◆ 最高級宇治玉露「珠の雫」 30g 2,297円 (2,480円 税込) 送料別
買い物かごに入れる

◆ 最高級宇治抹茶「極練」20g & 最高級宇治玉露「珠の雫」30g 2種セット
5,000円 (5,400円 税込) 送料別
買い物かごに入れる
ご注意

※常温商品「最高級宇治茶」「東京多摩ゆずわらび&最中」「煉りあめ最中」「黒練り丹波」は、ご注文日の翌日出荷が可能です。お急ぎの際は、注文フォームの備考蘭にご希望の配達日時をご入力ください。
※常温便でのお届けとなります。冷蔵・冷凍便との混載はできませんので、予めご了承ください。